薄毛の治療に効果があるHARG療法の期間や料金について

カレンダーとお金みなさんの中で、HARG療法という言葉を聞いたことがある人はどの程度いるでしょうか。このHARG療法とは薄毛の方に対する治療法で、現代では最新治療として多くの薄毛の方の悩みを解決している治療法です。そんなHARG療法ですが、実際にどの程度の治療期間なのか、どの程度の費用がかかるのかなど、多くの方が気になっている部分を今回はご紹介します。

まずHARG療法の治療期間ですが、結論から言うと個人差があるので一概には言えませんが、早い人で半年程度、遅い人でも1年程度でしょう。また、このHARG療法は月に一度の通院で済みますので、時間に余裕がない人でも無理なく治療を続けられるというところは非常にメリットであると言えるでしょう。また、治療時間も15分程度ですのでその点も嬉しい点です。

次に費用ですが、約9割の患者に効果が出ているということから、HARG療法を受ければほぼ確実に新たな毛髪が生えると言われています。ただ、1回の治療で平均して10万円前後かかるとされています。従って、半年から1年通うということは100万円前後の費用がかかってくるということになりますので、その点はしっかりと吟味した上で治療を受けた方が良いでしょう。決して安い金額ではありませんので悩む方も多いかと思いますが、ほぼ間違いなくこのHARG療法は効果がありますので、本当に悩まれている方にはおすすめの治療法です。

〔参照リンク〕名古屋中央クリニック

薄毛のメカニズム

薄毛に悩む男性薄毛になる方の多くが、なぜ自分が薄毛になってしまったかを分からずに日々を過ごしていることでしょう。遺伝が大きな原因とも言われていますが、そもそもなぜこの薄毛という現象が起きてしまうのでしょうか。

頭皮だけではなく、人間の体の至る所に毛は存在しており、毛にはそれぞれ毛周期と呼ばれる周期があります。この毛周期には個人差がありますが、一般的には毛が伸びる期間と毛が伸びない期間、そして古くなった毛が抜けるという3つのステップがあります。通常であればこの3ステップが一定期間になるため、薄毛になることはないのですが、ある時からこの3ステップの期間が乱れて薄毛になってしまうのです。

では、この毛周期が乱れてしまった場合に、最新療法であるHARG療法はどのような効果を見いだしてくれるのでしょうか。薄毛は決して毛根が死滅している状態ではありませんので、HARG療法の特徴である幹細胞を注入することで生えてこなくなった毛根をまた活性化させることができるのです。そして、活性化した毛根はその後も持続するため、人間が持っている毛周期を今までと同じように一定期間に戻すことができ、自然と薄毛を解消することができるのです。この、HARG療法は至ってシンプルな考え方ではありますが、そのシンプルな理論が現実的な治療法となって多くの方の薄毛を解決させているのです。

薄毛に絶大な効果を与えるHARG療法とは?

日本だけではなく、世界中で薄毛に悩まれている方は非常に多いです。外国では薄毛を気にせず、逆に個性と認識し何も対策をしない国も数多くあります。しかし日本では薄毛に関してまだまだ認識がなく、男性の多くが薄毛に対してコンプレックスを抱えているというのが日本の男性の現状と言えるでしょう。中でも女性の薄毛は非常に深刻な問題です。

そんな薄毛を解決するために今まで色々な解決方法がありましたが、結果的に効果が出る人と出ない人がいたりして、万人に効く薄毛対策というのはありませんでした。しかし、最新の治療では多くの薄毛を解決してきた治療があるということをご存じでしょうか。それがHARG療法という薄毛の解決方法です。今回はこのHARG療法についてみなさんにご紹介します。

注射HARGとは、日本語にすると毛髪再生療法の略で、人間の体内にある全ての器官の役割をこなすことができる、幹細胞という細胞を頭皮に直接注入することで、今まで毛髪が生えてこなかった場所や薄毛の場所にも新たな毛髪を生やしてくれるという今までになかった治療法なのです。

このHARG療法の特徴として、治療中はもちろんのこと治療終了後もこの幹細胞は持続して頭皮の細胞を促し続けることができますので、長年薄毛に悩まれていた方の待ちに待った治療法だと言えるのです。まだまだ世の中に知られていない治療法の一つではありますが、ぜひ一度このHARG療法をお試しになってみてはいかがでしょうか。